home
エニアグラムについて・書籍
エニアグラム×無限大

エニアグラム × 無限大

ビジネスエニアグラムは、エニアグラムをビジネスの現場で活用し、所属する会社・組織において成果につなげると同時に、人間的成長を目指すためのプログラムです。 組織活性、リーダーシップ、コーチング等を、人間理解のエニアグラムと組み合わせることによって、その効果を最大限に発揮することができるようになるのです。そして、その組み合わせは、無限大の可能性を持っています。
■組織活性 × エニアグラム
■リーダーシップ × エニアグラム
■マネジメント × エニアグラム
■チームワーク × エニアグラム
■コーチング × エニアグラム
■キャリア開発 × エニアグラム
■レジリエンス × エニアグラム
■ファシリテーション × エニアグラム ・・・

ビジネス環境は、デジタル革命とグローバル化により日々変化し、その変化は加速化・複雑化を増し続けています。このような中、 ビジネスの継続的成功には、多様化するニーズを吸い上げ戦略へと作りこむ力戦略の実行スピード力が欠かせません。 そして、それを行う主体は人であり、組織内の人の環境認識、コミュニケーション方法、知識、スキルにおける力量はもちろんのこと、そこに働く ”人と人との関係性“ ”組織と組織の関係性“ が戦略構築力や戦略実行のスピードに大きく影響を与えます。 
シナジー(相乗効果)とは、複数の要因が重なって、個々がもたらす効果の和以上を生じることでありますが、人はそれぞれに価値観や動機を持っており、多様な価値観や動機がビジネスの現場において、「多様性/違い=間違い/良くない」 と認識されやすく、対立や誤解を生じさせてしまい、個々がもたらす効果の和よりも少なくなってしまいがちです(1+1<2)。 ビジネス エニアグラムを活用することで、組織のメンバーがそれぞれが持つ多様な価値観や動機のメカニズムを理解し、 「多様性/違い=価値/宝」 と認識し、個々の動機を尊重しながらも、全体最適視点に立って建設的にその良さを活かしていくプロセスを踏むことであります。 そこでは、「個の尊重/受容=信頼関係」を土台にして、違いを活かした相乗効果を可能の会話で生み出していきます。また、この効果は、自組織内でだけでなく、会社全体、そしてビジネスパートナーとの関りの中でも展開して 行くことで、先述した①多様化するニーズを吸い上げ、戦略へと作りこむ力と、②戦略の実行スピード力をサプライチェイン全体を 巻きこんで実行していくことが可能です。
<センタリング

無限大 × エニアグラム

ビジネスエニアグラムは、エニアグラムをビジネスの現場で活用し、所属する会社・組織において成果につなげると同時に、人間的成長を目指すためのプログラムです。 組織活性、リーダーシップ、コーチング等を、人間理解のエニアグラムと組み合わせることによって、その効果を最大限に発揮することができるようになるのです。そして、その組み合わせは、無限大の可能性を持っています。
■組織活性 × エニアグラム
■リーダーシップ × エニアグラム  ■マネジメント × エニアグラム  ■チームワーク × エニアグラム
■コーチング × エニアグラム
■キャリア開発 × エニアグラム  ■レジリエンス × エニアグラム  ■ファシリテーション × エニアグラム ・・・
ビジネス環境は、デジタル革命とグローバル化により日々変化し、その変化は加速化・複雑化を増し続けています。このような中、 ビジネスの継続的成功には、多様化するニーズを吸い上げ戦略へと作りこむ力戦略の実行スピード力が欠かせません。 そして、それを行う主体は人であり、組織内の人の環境認識、コミュニケーション方法、知識、スキルにおける力量はもちろんのこと、そこに働く ”人と人との関係性“ ”組織と組織の関係性“ が戦略構築力や戦略実行のスピードに大きく影響を与えます。 
シナジー(相乗効果)とは、複数の要因が重なって、個々がもたらす効果の和以上を生じることでありますが、人はそれぞれに価値観や動機を持っており、多様な価値観や動機がビジネスの現場において、「多様性/違い=間違い/良くない」 と認識されやすく、対立や誤解を生じさせてしまい、個々がもたらす効果の和よりも少なくなってしまいがちです(1+1<2)。 ビジネス エニアグラムを活用することで、組織のメンバーがそれぞれが持つ多様な価値観や動機のメカニズムを理解し、 「多様性/違い=価値/宝」 と認識し、個々の動機を尊重しながらも、全体最適視点に立って建設的にその良さを活かしていくプロセスを踏むことであります。 そこでは、「個の尊重/受容=信頼関係」を土台にして、違いを活かした相乗効果を可能の会話で生み出していきます。また、この効果は、自組織内でだけでなく、会社全体、そしてビジネスパートナーとの関りの中でも展開して 行くことで、先述した①多様化するニーズを吸い上げ、戦略へと作りこむ力と、②戦略の実行スピード力をサプライチェイン全体を 巻きこんで実行していくことが可能です。
< センタリング